うのかばん UNO KABAN SINCE 1950

子どもたちの相棒でありたい。6年間の成長を共にする手づくりランドセル

News宇野かばんの日々

宇野カバンの手づくりランドセルを一度お持ちになってみませんか?

平日説明会の
おしらせ

“手づくりのよさって何だろう?”
“わが子に合うランドセルってどれだろう?”
ランドセルは一見すると同じように見えますが、
実はさまざまな違いがあります。

説明会では、
実際の一部作業の様子なども見学していただきながら、
裁断前の大きな牛革を手に「素材の違い」
「ランドセルの構造・つくり・工夫」など、
私たちがこだわっている手づくりランドセルについてお伝えします。

もちろん、「ランドセル全般のお話」や
「昨今のランドセル事情」「ランドセルの選び方」もお話しします。
みなさまのランドセル選びをお手伝いできればと思いますので、
どうぞ、お気軽にご参加ください。

詳しくはこちら

3月下旬より開始予定

説明会参加をご希望の方は、
058-263-5514
までお電話ください。

※なお、土日は大変多くのお客様が集中されることが予測されますので、説明会は平日限定での開催とさせていただいております。

メッセージMessage

1950年。
宇野カバンは、オーダーメイドの鞄を作るお店として始まりました。

創業者の宇野 小一こいち
「革製品を作る技術で子どもたちを笑顔にしたい」という想いから
ランドセル作りを開始。
その後、昭和30年代前半から今日まで半世紀以上、地元岐阜のお客さまを中心に
全国の子どもたちへ、30,000点もの“手づくりランドセル”を届けてきました。

長い年月で培われた技術と、革や鞄への深い理解。
シンプルながら、繊細かつ丈夫に作られたデザイン。

この道50年以上のベテランが現役の職人として
技を伝え継ぎ、品質に目を配らせます。

お子さまの6年間の想い出をたくさん詰め込めるように。
「相棒」としてそばで見守り、
ともに歩んでほしいという願いを込めて。

宇野カバンの「手づくりランドセル」を、ぜひお手に取ってみてください。

宇野カバンのランドセルへの
3つの想いOur Three Minds For Making an Ideal Randsel

私たちの想い①

“ランドセルって誰のもの?”
お客様との対話から生まれる鞄

雨の日も風の日も、「行ってきます」「ただいま」と
毎日子どもたちの背中に乗るランドセル。

そう。当たり前ですがランドセルって、子どものものなんです。
では子どもにとって、"よいランドセル"とはどんなものか。

向き合い続けて60年以上、お客様の声を真摯に受け止め
毎年すこしずつ改良を重ねてきました。

「少しでも軽い牛革ランドセルがほしいのですが?」
独自の改良を重ねた結果、耐久性を損なうことなく
一般的な牛革ランドセルよりも軽いランドセルができました。

「お姉ちゃんのランドセルは、背中の部分が蒸れてしまって……」
人工皮革(クラリーノ)を使ったランドセルも、
背中に当たる部分は、肌触りのいいソフト牛革を使用することにこだわっています。

「荷物が多くても入れられるようにしてほしい」
横幅・マチ幅ともに大きいサイズで
A4フラットファイルや給食袋もすっぽり入れていただけます。

重さ、形、素材、色……
機能は加えながらもシンプルな上品さはそのままに。
さまざま声を聞き、試作を重ね、今の品質に仕上げました。

オーダーメイドのカバン作りからはじまった
「ご希望を形にする」というこだわり。
進化を続けながらもランドセルへの飽くなき探究は続きます。

私たちの想い②

毎日使うものだから
6年、その先までの丈夫さを

卒業と同時に、ランドセルの役目は終わります。
子どもたちとともに毎日過ごす6年間は想像以上に濃厚です。

時にはやさしい時間がゆるやかに流れ、
時には激しく厳しい時間が嵐のように過ぎ去ります。
そんな濃厚な時間をともに過ごすには、丈夫さ、強さが不可欠。

当店のランドセルは、6年間のその先までの耐久性を求めることで、
子どもたちの6年間にしっかり寄り添います。

特に負担のかかる部分は太い糸で手縫いをし、
100以上の細かな工程を
一つひとつ丁寧に手作業で仕上げています。

カバン職人が誇る熟練技「キザミ ※」もそのひとつ。
革を扇状にひだ寄せし、美しい角の形を保つには手仕事でしかできません。
職人の技の結晶により、丈夫なランドセルに仕上がっていきます。

※鞄の角の革を細かく均一に寄せて「ひだ」を作り、美しい扇形に整えること。「菊寄せ」とも。

こうして6年間大切に使っていただいたランドセルは、
味わい深く皺が刻まれ、愛着のある鞄となります。

たとえば卒業後には革小物として生まれ変わらせることもできます。
なかには、年のはなれたご兄弟に受け継がれ、
12年間ものあいだ現役だったランドセルもあるほどです。

一生モノの革製品として愛されるランドセルを目指しています。

私たちの想い③

道具、材料、工程
入念な準備こそが品質に繋がる

先々代の創業者は「段取り」「下ごしらえ」という言葉をよく使い、
「段取りが全て」と若い職人たちを育てました。

それは、作業の工程だけでなく、
素材選びから道具の手入れまで全てにおいてです。

機械での量産が進むなか、宇野カバンでは、
今でも包丁1本で裁断をすることもあります。

道具は職人の命。
体の一部ともいえる道具を手に、無駄のない工程を踏み
プロの仕事が生まれます。

いい仕事は、作り手の人柄も真摯さも映し出す。
それが「安心して背負えるランドセル」の品質となるのです。

宇野カバンの
こだわり Preference For Uno Kaban's Randsel

Read More

お客様の声Voice

Read More お客様の声 投稿フォームはこちら

宇野カバンの
オリジナルランドセル Uno Kaban’s
Original Randsel Lineup

ランドセルカタログ請求

遠方にお住まいの方や、まずはご検討されたい方にはカタログをお送りしております。
また、ランドセルについてのご不明な点は、メールまたはお電話にてご相談を承っております。
お気軽にご連絡くださいませ。

カタログのお申込みはこちら
リメイクランドセルについて

6年間毎日のように一緒だったランドセルは
リメイクされ、また新たな命が吹き込まれます。

ペンケース、キーケース、ミニランドセル、ブックカバーなど。

中学生になったお子さまに。
子どもの成長を感じる親御さまに。
そして、お孫さまへ深い愛情を持たれる祖父母の方への贈り物にも。

鞄の修理・リフォームについて

当店が世代をこえて愛されている理由の一つに
「修理もする店」という安心感があります。

ランドセル以外の大切な鞄もおまかせください。
鞄に向き合って50年以上の熟練の職人が、
丁寧に修理させていただきます。

手作りオリジナルバッグ&革製品について

宇野カバンオリジナルバッグや革小物をご用意しています。

セミオーダーバッグもお作りいたします。
持ち手の長さや色、内張りのデザインなどを選んで、
世界に一つだけのオリジナルバッグを作ってみませんか?

オーダーメイドカバンを作っていた創業時の
「ご希望を形にする」というこだわりを、今に伝えます。

宇野カバンについて About Our Atelier

これからも岐阜から日本全国へ、こだわりの手づくりランドセルをお届けします。
ぜひ一度、店舗にもいらしてください。ランドセルとともにお待ちしています。

UNOKABAN

Address

〒500-8029
岐阜市東材木町3番地

TEL058-263-5514
FAX058-242-9848

【営業時間】AM10:00〜PM6:00
【定休日】火曜日 ※2月〜3月は火・水曜日

※お盆・年末年始等の定休日についてはこの通りではありません。
おしらせをご確認ください。